ワキガに悩む人々が最終的に選択をするのは、医療機関による手術治療かもしれません。ワキガの手術には、いくつかの方法がありますが、まずはアポクリン腺を取り除く直視下手術法と呼ばれるものがあります。これは、脇の下を5センチほど切り開き、アポクリン腺を除去する手術です。入院する必要はなく、数時間で家に帰ることができますが、傷跡はそれなりに残ります。この手術方法だと、臭いの元となるアポクリン腺を完全に除去するわけですから、その効果は絶大です。しかし、傷跡が残ってしまうことは、女性にとってはとても辛いことですね。

 

傷跡が残らない手術方法として、脇の下に開けた1センチほどの穴から、アポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺などを吸引する方法がります。これを非直視下手術法と呼んでいます。この手術方法であれば、小さい穴を開けるだけなので、ほとんど傷跡は残りません。しかし、完全にアポクリン腺が取り切れないことがあり、そのせいで再発してしまうこともあります。

 

また、同じく非直視下手術法で、剃刀の刃によって、アポクリン腺やエクリン腺を除去する手術方法があります。まず、剃刀の刃で脇の皮下組織を削り、その後に二つの汗腺を取り去るのです。これは高度な技術が必要となりますので、信頼できる病院を訪ねましょう。

 

このほかに最近話題となっているのが、ミラドライと言われるレーザー治療です。これは、皮膚を切断しないので、傷跡は全く残りません。